戦いは突然に勃発するものだが、深夜はきつい。

夏です。暑くて寝苦しくて目が覚める季節です。眠るのが好きな自分にとってはきつい季節です。エアコンをかけると調子が悪くなる上に寒さで目覚めるので、対策が必要だと毎回思っているだけで過ぎていく季節です。
暑さとの戦いもかなりきついですが、それよりも鬱陶しい戦いが夏の深夜(もしくは夜)には突如として勃発することがあります。それは、蚊の飛ぶ音との戦いです。あの独特の「ぷ?ん」という不快極まりない音で目が覚めてしまう悲しさ。しかも一度耳にすると気になって眠れないという辛さ。
別に血を吸われることに抵抗はない。かゆくてももういいと思う。ただ、睡眠を邪魔しないでほしい。わざわざ耳の近くを飛ぶのをやめてほしい。朝かゆくてもそれは仕方ないと思うから、お願いです、蚊のみなさま。と、毎回毎回思います。
あの音は、どうにかならないのでしょうか。久しぶりに体験すると、ああこれも夏の風物詩だなと思いますが、睡眠不足を助長するのは間違いありません。蚊取り線香か、蚊取りマットか、対策を講じねばと思います。
アロマでも撃退できるのだったかな。自分の好きな香りが蚊を遠ざけるのか調べます。
戦わずして勝つ、これが蚊との戦いに関しての願いです。脱毛サロン ランキング