横断歩道を渡ろうとする人がいたら、車は一時停止です!

ニュース番組で、外国人が日本の横断歩道が危険すぎると言っているとのことでした。
信号のない横断歩道を渡るとき、車が全くスピードを落とさず一時停止もしないのが信じられないそうです。
実は、日本の道路交通法だって、横断歩道で歩行者が渡るときには自動車は一時停止しないといけないと決められているのです。
違反すれば罰金刑。
ですが、実際は車優先状態ですね。
車が見えている状態で歩行者が渡ろうとすると、むしろ歩行者が怒られます。
「ちゃんと左右の安全を確認しろ!」と。
もちろん歩行者が注意する必要もありますけど、それ以上に自動車がまず徐行&一時停止ですよ。
この原因はやっぱり道路交通法が衆知されていないことにありますね。
日本では、学校などで歩行者の交通教室がほぼ必ず行われます。
ところが、ドライバーに対しての交通指導って、免許取得時と更新時のみ。
更新時も、飲酒運転禁止の内容のビデオを見るだけ。
日頃の危険についての講習会などは全くありません。
違反して事故を起こして捕まって初めて怒られるという有様。
これじゃあいつまでたっても危険はなくなりませんよね。
もっと自動車運転者に対して、ルールを注意喚起する機会が増えてほしいものです。顔脱毛 アリシア